2010/09/30

Dam-Funk - Hood Pass Intact feat. MC Eiht (2010)

これも今更なんですが、ブログに載せるの忘れてました...。Dam-FunkがMC Eihtをフューチャーした話題曲のMP3がStones ThrowのHPからDL出来ます。既にビデオも発表されています(MC Eiht出てないけど)。これすごい好きなんだよね。日本でのライブでお披露目したってニュースをtwitterでキャッチした時は興奮しました~。

Dam-Funk: Hood Pass Intact feat. MC Eiht by stonesthrow

DL:Hood Pass Intact featuring MC Eiht  MP3

おまけ: 元SlaveのSteve ArringtonがStones Throwと契約(!)したそうで、Dam-Funkプロデュースの曲が公開されています。Dam-Funkの勢いはまだまだ続く!
Steve Arrington & Dam-Funk "I Be Trippin" by stonesthrow

K Young - Remix Radio Hosted by DJ Far (2010)

2005年のLearn How to Loveがインディソウルファンの間で話題になったK-Young君のミックステープです。Yung Berg - Call On Me Nipsey Hussle - Roll The Windows Up Yung Berg - Smith & Wessonに参加するなど、ウエストコースト中心に着々と活動の幅を広げているようです。 今年 Keep Talkin About Love というミニアルバムも出していますね。これはあくまでもミックステープなので既存のビートにフリースタイルをのせた物ですが、気になる方はどうぞ。

2010/09/29

Vivian Green - Beautiful (2010)

これは先行シングルの'Beautiful'が好きで好きで、個人的には今年のNO.1 シングルなんです。この人は控えめな中にも凛とした表情があって、感情移入しやすいんですよね。どことなく昔のKaryn Whiteを思い出すけど、あっちの方が男好きしそうかな。この人の場合、さりげなく毒があるからねぇ。フィリーのネオソウル勢の中ではポップセンスがある 所も+要素。プロデュースの大部分を手掛けるのは前作にも係わっていた地元フィリーのプロデューサーAnthony Bell。スロウの曲が良いのは勿論のことですが、今風の音色の'Too Intense', 'So Far Gone', レゲエ風の'Save Me' のような曲も彼女の個性を壊すことなくアルバムの中でのアクセントになって上手く溶け込んでいて、飽きさせない作りになっています。

Beautiful
When We're Apart

2010/09/28

John Legend & The Roots – Wake Up (2010)

これ、視聴する前はほとんど興味無かったんです。先行シングルの'Wake Up Everybody'は「まあ、こんなもんだろうな」程度だったし(どんだけ上から目線?w)、'Shine'を除いて全曲カバーだし、John Legend, The Roots共にそこまで好きじゃないんで。だけど、とにかく選曲、そしてバックの演奏が素晴らしい!伝説君もいつもより魂入ってます。感動、感動の嵐!これを機会にソウル回帰してくれ~。


Calvin Richardson - America's Most Wanted (2010)

今一番私好みのR&Bを歌ってくれる人。これも今年のベストに入る出来だと思います。この人はデビュー以来一環してサザンソウル一筋です。(最近サザンソウルという言葉の定義にはやや疑問を感じますが...)デビュー当初はK-Ciの幼馴染だとかいう触れ込みだったせいで比べられて、「歌が軽い」なんていう人もいたけど、彼の持つ甘さのおかげで変にオヤジっぽくならず、フレッシュさを保っているように思います。それどころかシンガーとしてもソングライターとしても、どんどん活き活きしていってるみたい。どこかSam Cookeに通じる味を持っているシンガーですね。サウンド的にもまんまブルースフェスではなく、微妙にアップデートされているのもポイント。それでいてCome Overという曲ではインディソウルによくある、エコーがかかりすぎな録音状態の悪い?感じを再現してみたりする試みも。オススメ曲?全部です(^-^)


Calvin Richardson - "You're So Amazing" from Shanachie Entertainment on Vimeo. ※無駄に脱いでるんじゃないですよ、需要があるんです
Come Over


Cool Million - Back For More (2010)

デンマークのプロデューサーチーム、Cool Millionの2ndアルバム。80年代風サウンドを得意にしていて、当時ブラコンとか聴いていた人はゲストのクレジットを見ただけで興奮する事間違いなしです。前回はCJ Anthonyを迎えるというマニアックぶりで一部の間では話題になっていたようですが、今回はさらにパワーアップ。Me'lisa Morganに始まり、Eugene & Dee Dee Wilde, Rena Scott, Peggi Blu, Al Bloomfield...まだやってたの?って人までよく集めたわ。ベテラン勢だけでなく、Jahahのような若手も参加しています。サウンド的にはなんとなくよく出来すぎな気がしないでもないけどこの人たちの熱唱が聴けるだけで大満足。最近80年代風の音がしっくりくる私。
Cool Million feat. Eugene Wilde - Back For More
Cool Million feat Eugene & Dee Dee Wilde - Loose

Wayne Brady - A Long Time Coming (2008)

コメディアンとして活躍するWayne Bradyさんのシンガーとしてのデビューアルバムです。アルバムにお笑い要素はゼロ、A Change Is Gonna Comeまで歌っちゃってます。Eddie MurphyやJamie Foxxよりもシンガーとしての実力は上かも。プロデュースを手掛けるのはThe HEAVYWEIGHTSというプロデューサーチームで、R&Bよりはポップフィールドでのお仕事が多いのかな。R&BだとShontelleのBattle Cry等に係わっていて、割とオーソドックスな曲作りをするタイプです。実はこのチームの中心人物はAll-4-OneのJamie Jonesさん。彼はAll-4-One休業中(?)にもゴスペルアルバムを2枚ほど発表(これこれ)している他、いくつかゴスペルアルバムにも呼ばれるなど、そっちの業界では着実に足場作りが出来ている様子。昨年のAll-4-One復活時に現役感ばりばりだったのは、そんな背景があったんですね。Jamieさん、All-4-Oneのもう一人のリードの人(名前知らない)のソロアルバムも世話してあげて下さい。Jamieさんの話ばかりになっちゃったけどこのA Long Time Coming、地に足の着いた、実に素晴らしい大人のアルバムに仕上がっています。いい曲、いい歌が詰まってます。
Back In The Day
Ordinary

2010/09/26

Eagle Nebula - Unbeakable (2010)

一応R&B縛りでブログやるつもりだったんですが...ここで取り上げたDaru Jonesさんのプロデュースという事で紹介しておきますね。Eagle Nebulaさんという人はよく知らないのですが2008年にCosmic Headphonesというアルバムを出しているコンシャス系のラッパーみたいですね。Daruさんのトラック、相変わらずかっこいいです。

<a href="http://eaglenebula.bandcamp.com/album/lovebomb-ep">LoveBomb EP by Eagle Nebula</a>

OTIS & SHUGG - We Can Do Whatever (2005)

これ、国内盤で再発されたんですね。お蔵入りだったのが2005年にExpansionから発売されていたんですが、それも廃盤になっていたようです。96年頃のRaphael Saadiqプロデュースってだけで買いですかね。今聴くと、とても丁寧にプロデュースされた作品だなーと感心します。イントロがJoeのAll The Thingsを思わせる'Journey', Juicy Fruitsを意識したと思われる'If You Want It',電話の着信音が効果的に使われた'This Is My Phone Call', 泣きのギターが光る'Indiana'...聴き所は多いです。ただ、何度か聴いているけど私はこのアルバム、今一歩グッと来ないんだよね。'My First Mistake'を聴きながらふと思ったけど、これRaphael君が歌ってたら最高だったんじゃ...。この2人、やや甘さが足りないのかな。Raphael君のプロデューサーとしてのベストワークはTotalの1stだね、やっぱり。
 
Journey

2010/09/25

Fantasia -Back To Me (2010)

Fantasiaの新譜、賛否両論あるみたいですねー。冒頭の2曲、新進のプロデューサーChuck Harmonyが手掛けるI'm Doin Me, Bittersweetはなかなか良いです。この人はChrisette Micheleの Epiphanyをプロデュースした人ですけど何がいいって、若手プロデューサーの中では変にギラギラしたところが無くて手堅い所かな。Ne-Yo君と組んでお仕事する事が多いみたいです。あと、Your Precious Love使いのCollard Greens And Cornbreadは年配のファンにも好まれそうです。その3曲かな、オススメは。ちょっとレゲエ風な曲を作るMalay And KPというチームが何曲かプロデュースしていたり。ざっと聴いてみた感じではかなりポップになった感じです。この人とかMaryはPOPなR&Bが流行っているうちはこういうアルバム作らないとしょうがないでしょうね。Arethaも色々言われながらそうやって女王の座を維持してきたわけですから...。ポップな曲を歌ってもここまで聴かせることが出来るっていう意地を見せたアルバムでしょね。
Bittersweet
Collard Greens and Cornbread

Tyrese - TAKEOVER

West CoastのHip Hop専門サイトdubcnn.comが公開しているTyreseのUnreleased音源です。Tyrese本人がツイートしていたのでお墨付きという事で紹介しますね。全部聴いていないのですが、Alter Egoの頃の音源みたいです。彼がBlack-Tyの名前でラップを始めた時は、否定的な意見の人が多かったように記憶してますけど、Tyreseの気持ちもよーく分かるんだよね。私はTyreseの曲、スロウなのよりもこれとかこれみたいなちょっとライトファンクっぽい曲のが好きだから。因みにどっちも元Joe PublicのJakeのプロデュースなんだけど。JakeがTyreseのプロデュースを手掛ける事になった経緯もちょっと気になるな。(全然この音源と関係ない事書いてる。。。)


2010/09/19

Shareefa – The Misunderstanding Of Shareefa (2010)

この子はDTPに残ったんですね...。2006年にデビューした時は(ていうか2006年か、あれは。早いなー)あれよあれよという間にデビューしちゃったものの、ライブで全然歌えなくてすぐ消えちゃったイメージがあったんだけど。まあ、私はこの子とっても好きなんですけどね。上手い下手だけじゃいよね、歌って。BangladeshプロデュースでRick RossをフューチャーしたBy My Sideがシングルになるのかな。売れっ子投入してるしLudaも力入れてるみたいですね。

2010/09/18

Steph Jones - Gravity (2009)

一時期DTPに所属していたSteph Jones君のmixtapeです。こんなビデオにも出てたのになんで切られちゃったんでしょうね~?凄く親しみやすいキャラだし、今風で売れそうなのに。そーいやChingyも最近別のインディから出してたね。このジャケではよく分からないかもしれないけど、元モデルでかなりのイケメンなので、ちょこちょこミュージックビデオ等にも出演しています(これとか最近のだとこれとか)。曲もPOP/R&B系ではありますが、なかなか独自路線で良いんじゃないでしょうか?Jay-Zの声ネタを使った'Mr. Ordinary'はだいぶ前から好きな曲です。PJ Mortonをフューチャーしたタイトル曲はフリーでダウンロード出来ます。
<a href="http://stephjones.bandcamp.com/album/gravity">Gravity by Steph Jones</a>

Get Me Started
La La Means Love

2010/09/16

Brandon Hines - In Search Of (2010)

Brandon Hines君のEPがストリーミング/ダウンロード可能です(ダウンロードは要メール登録)。2006年にインディで出したLove Music(iTMSでも購入できます)が話題になったのをきっかけにTroy Taylorの秘蔵っ子として育てられていた人ですが、現在はジャーメイン・デュプリとかその辺に近いのかな。'Love Music'は前に私も買いましたが、なかなかの出来ですよ。その後もYou Tubeでカバー曲を披露したりしてファン層を広げているようです。そういえば、Dondriaの'You're The One 'のビデオにも出演していました。You Tubeが育んだ恋?(←勝手にストーリーを作ってます)

 

2010/09/15

Sammie - Its Time (2010)

Sammie君のEPがオフィシャルからフリーダウンロード出来ます。これも今年の1月くらいの物ですが。全曲アカペラ付きでクレジットも確認できるし、なかなか親切です。プロデュースはTroy Taylor...て事はDallas Austinのもとを離れてたんですね。積極的にmixtapeを発表したりとか、ビジュアル的なイメージ、音楽的傾向とかもTrey Songzとかぶり過ぎて心配になっちゃいますが。Trey君の新譜も発売されましたがSammie君も負けじと今年中にアルバム'Coming of Age'を発売予定です。

2010/09/14

Teedra Moses - Royal Patience .. a love journey (2010)

この人もR&Bシンガーとしては早めにミックステープ作りに取り組んでいた印象がありますが...ダウンロードしてみるとMP3とMPEG4の形式の物が混在していたりアートワークとか、やややっつけな感じもします。マイスペを見てみると今どこのレーベルにも所属していないっぽい?これを足がかりに奮起してもらいたいものです。オフィシャルサイトからフリーダウンロードできますがCD BABYでも売ってますね。

2010/09/13

Jesse Boykins III - The Beauty Created REMIXED (2009)

この間のSoulBounceのmixtapeで思い出しました。Jesse Boykins IIIのThe Beauty Createdのリミックスアルバムがフリーでダウンロード出来ますよ。ちょっと前に紹介したDaruさんのRemixも収録されています。このJesse君はネオソウル系の中でも特にセンスの良さでは一歩リードしてますね。アートワークもお洒落!そういえば SunStarのビデオを初めて観た時には、今風の子がブラコンど真ん中の曲を歌ってるのに妙に萌えてしまいましたが(笑)。気に入ったら是非オリジナルも聴いてみてください。この人はちょこちょこカバー曲等を配っているのでファンの人はtwitterをフォローしておくといいと思いますよ。

<a href="http://jb3music.bandcamp.com/album/tbc-remixed">TBC- Remixed by Jesse Boykins III</a>

2010/09/12

Cee Lo Green - Stray Bullets (2010)

フリーのmixtapeは早めにブログに記録しておかなくては!という事でCee Loのmixtapeです。ダウンロードしてずっと聴くの忘れていたんですが、これがフリーって凄いですね。やや個人的な趣味とはずれるとはいえ、普通にニューアルバムですって出せるレベルかと思います。二つあったリンクのうち、ひとつはもう死んでいるのでDLしていない人はお早めに...
Tracklist
01. Goldschläger (Produced by The Grey Area)
02. You Don’t Shock Me Anymore (Produced by The Grey Area)
03. Cho Cha the Cat (with the B-52′s) (Produced by The Teddy Bears)
04. I Like It (Produced by The Grey Area)
05. Little Black Book (Produced by The Grey Area)
06. Talking To Strangers (Produced by The Grey Area)
07. ChamPain (Produced by Doc & The Grey Area)
08. Night Train (with the Goodie Mob) (Produced by The Grey Area & Anthony Kronfle)
09. The Secret (Produced by The Grey Area)
10. Sophistic@ted B!$ch (Produced by The Grey Area)
11. I’ll Kill Her (feat. ME & LOnan the Destroyer) (Produced by ?????)
12. Is It? (Produced by The Grey Area)
13. Super Woman Theme Song (Produced by The Grey Area)
14. Night Cap Outro (One Last Shot of Goldschläger) (Produced by The Grey Area)

2010/09/11

SoulBounce Presents Men Love Mary - A Tribute to My Life (2009)

人気ブログ Soul Bounce で企画された、Maryのアルバム'My Life'のトリビュートアルバム。タイトル通り、男性R&Bシンガーによるカバーを収録しています。参加アーティストはDarien, Jesse Boykins Ⅲ, Eric Roberson等豪華です。さらにホストはChucky Thomptsonで、My Life製作時のエピソード等を語っているようです。私はTL Crossの歌う'You Gotta Believe'が特に好きです。まだDLしていない人は是非聴いてみてください。


<a href="http://menlovemary.bandcamp.com/album/men-love-mary-a-tribute-to-my-life">Men Love Mary: A Tribute to &quot;My Life&quot; by SoulBounce presents Men Love Mary: A Tribute to My Life</a>

2010/09/10

Boyz II Men - Song of The Month

小ネタですが。Boyz II Menが、未発表曲を毎月少しづつオフィシャルサイトからリークするという試みをしているみたいです。現在は'Your Love Is All It Takes', 'She Loves Me Anyway', 'How I Feel'の3曲がダウンロード可能となっています。'Your Love Is All It Takes'は、なかなか悪くない出来ですね。これまでに'Keep Me in Mind', 'Chill Tonight'という曲もここからリークしていた模様です。ボツ曲ではありますがファンの人には見逃せない情報かと思います。
Your Love Is All It Takes

2010/09/09

Raheem DeVaughn - The Art Of Noise (2009)

これは説明不要、Raheem DeVaughnのmixtapeです。以前、彼のレーベル368 Music Groupからフリーでダウンロードした記憶があるんですが、一応5ドル寄付して下さいという事になっているみたいです。この'Art of Noise'の聴き所はやはり、Al B. Sure!のカバー'Nite & Day'かな?この他にもいくつかmixtapeが出ているので bandcamp から色々聴いてみてください。368 Music Groupからは Phil Adeという有望なラッパーも出ていますので是非そちらもチェックを。そういえばRaheemさん、twitterから居なくなった?と思ったらアカウント変更したみたいですね。

<a href="http://368musicgroup.bandcamp.com/album/art-of-noise">God Speed by 368 Music Group</a>

2010/09/08

Brutha - Destination, Short Stay Mixtape (2010)

BETのリアリティショーに出演して人気が出たグループ、Bruthaのmixtapeです。90年代R&Bのカバーが5曲、そのほかの曲のトラックもJodeciやMint Condition等からネタを持ってきているようです。どちらかというとカバーよりオリジナルソングの方が出来が良いですね。このグループ、リアリティショーに出るちょっと前にマイスペで知ったのですが、一瞬マイスペでダウンロードのみのアルバムを発売していたんですよね。日本からは買えなかったので、そのうちCD BABYででも売るだろうと高をくくっていたら突然マイスペが消えてあれよあれよといううちにデビューしてしまって...。無理言ってでもあれ買っておけばよかったなーと後悔してますw その頃の音源はそんな訳で持っていないんですが、上の2人GradyとAnthonyが昔'Nadeというデュオをやっていまして、それは手元にあるので1曲こっそりアップしてみました。試しにちょっと聴いてみてください。因みにこの子達、シンガーのGrady Harrellの息子さん達によるグループなのです。そんな事も自分で調べて気付いた時にはものすごく嬉しかったな(笑) 
'Nade - Where We Are

2010/09/07

Roi Anthony - True Soul Lifestyle (2008)

既に オンラインでの配信 は始まっていますが、Roi AnthonyのCDがもうすぐ発売という事で前作True Soul Lifestyleの復習をしておかなくては!と思って慌てて引っぱり出してきました。実は買ったものの全然聴いてなかったんだよねw 'Long Way From Home', 'Miss U', 'Cutest' 等、その前に出た'Experience'でも人気のあった曲はだぶって収録されています。そんなんでミニアルバムを買う必要は無いのかもしれないけど、私は'The True Soul Experience'の方がボリューム的には聴きやすいかな。そっちに未収録な曲では'Open Invitation'と'Love'が好き。'Love'はデュエットしてるTrisheenaて子が良いね。ソウルクラシックのエッセンスをさりげなく織り込むセンス、歌の上手さ、曲の良さと、文句なし。ただちょっと音がガチャガチャしてる気がしないでもないなー。アレンジは悪くないんだけど、気持ち落ち着いたミキシングにしたらもっと良くなるんじゃないかな?まあ、これは私の環境のせいかもしれないけどね..。'Lifestyle'の方のCDは売り切れみたいだけど'Experience' は こちらからまだ買えるみたいだよ。

True
Open Invitation
Long Way From Home

2010/09/05

AB & Daru - A Work In Progress (2009)

Black Milkのアルバムが間もなく発売という事で、そちらに参加しているAB君のmixtape 'Student of My Dream'を紹介しようと思ったのですが既にリンク切れ( オフィシャルページ からストリーミングで聴く事が出来ます)だったので、昨年出たAB君とドラマー/プロデューサーのDaru Jonesさんとのコラボアルバム(一応ミックステープ形式になるのかな?)を紹介します。実はDaruさんのYouTubeページにiTMSのリンクと同時にこれが貼ってあったんだけど...。いいのかしら。DaruさんのトラックはJ.Dilla以降の音ではあるんだけど、ファンク度高め且つ不協和音ぎりぎりの所で絶妙なグルーブを作り出しています。そこにAB君の粘りのあるソウルフルなボーカルが完璧にマッチしてます。これはかなり熱いです。Daruさんに興味を持った人は是非、彼のbandcampもチェックしてみてください。

A
Soul Can You Feel Me

2010/09/04

Vikter Duplaix - Electric Love (2010)

Make A Baby でグラミー賞Urban/Alternative Performance部門にもノミネートされたVikter Duplaixさんのシングル'Electric Love'がオフィシャルサイトからフリーダウンロード出来ます(要メール登録)。なかなか洒落た曲です。Vikterさんはtwitterを始めてから割りと早い時期に、あちらからフォローしてくれたんですが、やっぱり知ってるアーティストからフォローされると嬉しいものですね(単純なので)。彼のtwitterを読んでいると、凄く丁寧に時間をかけてプロモーションしているんですね。色々と感心する事が多いです。関係ないけどVikterさん布袋寅泰にちょっと似てるね...

Vikter Duplaix Official → http://www.vikterduplaix.com/

2010/09/03

Natassja - Something About U & How I Feel (2010)

ここでとりあげたNatassjaちゃん情報追加です。2枚のEP'Minimum','Flow'はiTMSで購入済みだったので油断していましたが、この2曲はそちらには未収録でした。'How I Feel'の方はシングルになるのかな?気に入ったら是非EPの方も聴いてみてくださいね。私は、今のところ彼女の曲は全部気に入っているので 本格的なアルバムが楽しみです。EPの方は、そのうち月が変わったらちゃんととりあげるかな...。

<a href="http://music.natassjaonline.com/album/something-about-u">Something About U by Natassja</a>

<a href="http://music.natassjaonline.com/album/how-i-feel">How I Feel by Natassja</a>

2010/09/02

DJ YASUSHI MIX (2010)

twitterで流れてきて、気に入ったのでメモ代わりに。大阪市内にあるGroovenut RecordsのDJ YasushiさんのMixです。さすがレコード屋さん、選曲が最高です。耳の肥えたソウルおやぢも大満足の間違い無しのMixですよ。コピペなのでトラックリスト見難くてすみません。

-TRACK LIST-

1.BARBARA ACKLIN / AM I THE SAME GIRL
2.5 STAIRSTEPS & CUBIE / DON’T CHANGE YOUR LOVE
3.BABY HUYE AND THE BABYSITTERS/ MIGHTY MIGHTY CHILDREN PT.1
4.MARLENA SHAW / CALIFORNIA SOUL
5.VOICES OF EAST HARLEM / WANTED DEAD OR ALIVE
6.CAROLYN FRANKLIN / DEAL WITH IT
7.O.S.T.(GORDON’S WAR) / SUPER SHINE NO.9
8.OLYMPIC RUNNERS / GRAB IT
9.ROY AYERS / LOVE WILL BRING BACK US TOGETHER
10.JUICE / CATCH THE GROOVE
11.KOOL & THE GANG / WHO’S GONNA TAKE THE WEIGHT
12.ALL THE PEOPLE / CRAMP YOUR STYLE 
13.UNITED 8 / GETTIN’ UPTOWN
14.JOE QUARTERMAN & FREE SOUL / I GOT SO MUCH TROUBLE IN MY MIND
15.BROTHER SOUL / COOKIE
16.EXIT 9 / JIVE MAN
17.STEVE MARSHALL / MAINTAIN
18.WE THE PEOPLE / BREAKDOWN
19.FESSOR FUNK AND HIS QUEENS 8TH STREET FUNK BAND / LOVE IS SUCH A GOOD THING
20.ARCHIE BELL & THE DRELLS / TIGHTEN UP
21.RAY BARRETTO / NEW YORK SOUL
22.MOON PEOPLE / LAND OF LOVE
23.INNER CITY JAM BAND / INNER CITY JAM
24.COKE ESCOVEDO / I WOULDN’T CHANGE A THING
25.EDDIE KENDRICKS / DATE WITH THE RAIN
26.MILTON HAMILTON / CRYSTALIZE
27.YAMBU / SUNNY
28.JOE BATAAN / CYCLES OF YOU
29.RICHARD MARRERRO / FEEL LIKE MAKIN LOVE
30.SWEET CHARLES / YES, IT’S YOU
31.TOWER OF POWER / CAN’T YOU SEE

2010/09/01

Dave Young Presents - Bed Bangers Vol. 1 (2010)

Maryの設立したレーベルMatriarchに所属するDave Youngさんのmixtapeです。The Breakthroughの'Alone'という曲でデュエットしていたのでMaryファンにはお馴染みかもしれません。シンガー/ソングライターとして大変優れた才能を持った人なのですが、裏方仕事ばかりらしく、なかなかデビューしてくれません(泣)。個人的にはジョン太より期待している人です。声力で強引に惹きつけるタイプでは無いので、もしかしたら今流行の美メロなだけのPOP/R&Bと変わらないと思うかもしれませんが、分かる人には分かるのです!Maryは彼の歌を初めて聴いた時、号泣したそうですからね!なんというか過去の傷を癒してくれそうな、聴いていると幸せすぎて泣けてきちゃう様な、そんな歌声です(結構恥ずかしい事書いてますが)。これを聴いて気に入ってくれると嬉しいな。